空調設備と火災の感知器について

空調設備と火災の感知器について

防火対象物に設置が義務付けられている火災報知設備、または一般住宅に設置が義務付けられた火災警報器は空調設備から離して取り付ける必要があります。悩む前にここ→マッハシステムにおまかせください。
空調の吹き出し口に接近している場合はそこから出てくる風によって煙や熱を感知するのが遅れ火災が広がってしまうのがその理由です。相談してみてくださいマッハソーラーシステムは皆が参考にしてます。
防火対象物については消防設備士という資格を持っている方がきちんと設置してくれるので問題はありませんが、一般住宅に設置が義務付けられた住宅用火災警報器については特に有資格者が設置をしなくても構わない為に誤って取り付けてしまっている方も大勢いらっしゃいます。悩んでるならこちらマッハシステム 仕組みを見るべき。
もしエアコンなどの吹き出し口から近い場合には1.5mほどの距離を保つようにメジャーなどで測った上で設置するようにしましょう。情報がここに書いてますマッハシステム評判をクリックしてください。
こういったちょっとした事が火災から自身や家族を守る事に繋がり万が一火災が発生した際にも逃げ遅れるといった事が少なくなります。あなたの調べていることはここ→マッハシステム アイホームがおすすめ。
自分で取り付けたという方は空調からの距離を測ってみてください。